FC2ブログ

孕ませられる我が妻、杏子

寝取られ人妻シリーズ
性奴美人妻

-------------------------------(孕ませられる我が妻杏子)--------------------








「スマ恋!」
定評あるDTIブログが運営する唯一の出会いサイト!
サクラなぞは全くありません。
参加女性は全員、身分証確認済みの皆さんです。


「スマ恋とは?」
海外発の、大人の出逢いを求める人のためのサイト
『スマ恋』が遂に日本に上陸!

①『スマ恋』は、大人の出逢いの場を提供する
ソーシャル・ネットワーク・サービス

何か物足りなさを感じる女性と、それを満たすことの出来る男性が出逢い、
楽しい一時を過ごす… 
そんな大人のいたずら心を目覚めさせる、
ちょっと常識外れのコンセプトは、今、世界中で注目されていて、
日本のマスコミでも数多く紹介されいます。
スマ恋はこの新しいスリルを求める人のための大人の出逢いの場です。

②『スマ恋』は身分証明を提出している、
身元が確かな会員のみが参加しているので安心!
男性は、任意でクレジットカードにて認証登録して頂きますので、身元の確
認はもちろんのこと、本気で楽しまれたい方のみに参加頂いております。
女性は、厳正な年齢確認を行うため、写真付き身分証明書、
さらに契約書の両方を提出して頂いております。


0004.jpg

0004.jpg

homme sur femme

20101007013633.jpg

20111107143333.jpg



(ASP- ランキンク)



ASPランカー相互リンク総合メニュー

ASPランカ-セカンドランキング


Fc-2アダルトBlog

ランキング




 会頭は妻の杏子と私の両方を己の性奴としてしまったとは言える。
ただ、単なる性奴に留まらず、会頭は私の妻に自分の子を生ませるとのこと。

 妻が私の子ではなく会頭の子を産むと言う事について、私は大きな困惑があり
衝撃的な苦痛でもあった。だが、性奴とはご主人様の性の奴隷であるのだから
ご主人様の所望であれば従わざるをえない。また会頭は性そのものについては
非常な奴隷としての要求を私と妻に強いてはいたが、生活の面では全く逆で
むしろ私達夫婦の豊かで穏やかな人生を願い、また支援と保障をしていたとも
言える。生まれた子は会頭の子種から生まれてはいても、私自身の子として
育て、また将来的にも会頭は私達を支え子供には決して自分が父親であるとは
知らせない事、あくまで私が父親であり、私達夫婦の人生に傷は絶対に着けない
どころか、むしろ幸せな人生を願ってはいた。

 だが、やはり私にしてみれば、自分の妻が自分以外の男の子種をやどして
孕ませられる、その事自体に強烈な悔しさ・屈辱・悲しさ・不甲斐なさ、そんな
事を感じていた事は確かでもあった。

 とまれ、すでに妻の杏子は一昨日依頼、会頭の館に捕らわれている。
今晩も一人、自分で作った夕食をとり悶々する頭を抱えぼんやりとリビングから
寝室へと続く廊下を眺めていた。「あの寝室で自分と妻はいつも互いに愛し合
合っていた。だが今は一体どうなってるんだ。目の前ならまだしも閉ざされている
会頭の家までは車でも2時間以上はかかる距離だ。杏子は自分の手の届く所に
いない。」薄暗い廊下の奥から妻が呼んでいるよな気もする。

 っと突然、ルルルルルルルルウル~、ルルルルルルル~、電話がなった。
「何だ、いったい誰からだ?」などと思いつつも受話器をとった。
「アアアア~、あなたぁ~、夜のお食事終わった~?」
妻の杏子からだ。「あっ、終わったよ。今どうしてるんだ?」
「ンンンン~今、会頭様が入ってるの~凄く感じる~。太くて長いの~!」
何と言う事だ妻は会頭と一つになってる最中なのだ。そんな状態であえて
夫である自分に電話をして来ている。
「杏子、そりゃ無いだろう?俺は悔しいよ。見せつけだよ~!」
「ンンゥ~ン、今会頭さんと変わる~。」
私が何か言おうとするとすでに受話器は会頭に取られていた様だった。
「オッオオオ~、亭主!聞こえるか?」電話の声は会頭に変わっていた。
「あっ、会頭さん、聞こえます。」私が返事すると、
「フーム杏子の奴め、良く絞まるのう。いい気分じゃぞ。いやあな?
さっきまで股を広げて杏子の頭を押さえ込んでな股締めをしてたのじゃが、
良くペロペロとな、ワシの物を舐め擦りしてくれたぞ。お陰でビンビンじゃ!
今は正常位でやっとる。それにしても白くてムッチリした太股じゃなあ!
ホレッ、ビシャッとな。」なぞと云いながら妻の太股を平手で
打ちつける音も聞こえた。

「ンンイイイイ~イタイ~、会頭様~感じるゥ~嬉しい。」
「フーム、ホレッもっと腰を入れるからな。グイグイとな、
ホレッ、ホレッ、ホレッ、ウハッハハ亭主、益々絞まるぞ!
タップリと今日も出せる様じゃ。まっ早くワシの子を孕ませてやろうのう。
孕むまでは、お前の女房はワシが預かるからな!ウハッハハハ~。」
「アアアアァあなた~、今会頭様が私を食べてるの!項から額をね。
ライオンが大きな口を開けて食べてる感じよ~!ウウウウ嬉しいい~!」
私は悔しげに呻くのがやっとだった。
電話は突然切れた。多分会頭の腰の蠢きが速くなり、妻の身体は
会頭の身体に覆われ抱かれている事は確かだった。

 如何に性の快楽の為とは云え、やはり悔しい!妬みも募る。



size=4>厳選アダルトAV&チャット

   



特に自分では抵抗し切れない破目に置かれての女房の寝取られは
独特な従順さを強要され奈落の其処へ突き落とされる思いだ。

 とはいえ、自分の人生をかけた我が社の景気は俄然強固となり
それが元で一層、私と妻(杏子)の築く家庭は、例え会頭が間に入
っているにせよ。安定してる事も確かだ。この日は悔し涙を堪え
つつ自慰を結構し膝小僧を抱いての一人寝で翌朝を迎えた。

--------------------(私の目の前で犯される我が妻)-----------------------------


 翌日は土曜日だった、会社は昼迄に退勤できる。そそくさと
朝食を取る。いつも杏子が作るような朝食を昨晩のものそのままだが。
バスと電車を乗り継いで約1時間の通勤時間。
送り出す杏子はいない。悶々とした通勤時間だった。

 会社に着き、仕事を始める。さすが会社の業績は以前とは格段と
異なって高い。それは私にとっても嬉しい事ではあった。
ちょっとした励みと勇み足で昨日の整理をしていた。

 上司がソソクサと側に来る。
「ンン凄いなあ、業績の伸びだよ。」なぞと言う。
彼は自分と杏子、会頭の事なぞ知るはずもない。
「私はそうですね。」なぞと応えていると、
「南米に続いて、中東の企画も昨日から動いてるぞ。頑張ってくれよ。」
なぞと言う。「はあ、そうですね。」私は軽く応えて流した。
確かに会頭の手腕は、並ではない。多分、彼ほど具体的に社運を運ぶ力量
を持つ男は、まず居ないだろう。

 そんな事を思いつつ社内コンピュータ上で営業の進行状況を観ていた。
っと突然、デスクの上のインターホンがなる。即座に出ると社長だった。
「今日、会頭が私を家に呼んで食事をしたいとの事で10時には向えの車
をよこす。」との事だった。私は承諾の旨を社長に伝えると、「在り難い!」
なぞと応える。まあそれも分る、会頭と私が在っての我が社の存続とはって
いる今社長としても当然の心だろう。

 ただ私は妻が寝取られた。それは常識的には考えられない屈辱であり
まず通常ありえない社員と幹部社員となっているのも確かだった。
言わば、私だけができる、私だからこそできる。いや、もし私と同様な性癖の
男ならできるだろう。ただ、こんな私の様な男は世の中にそう多くはないだろう。
と言う事は我が社も、「ついてたなあ!」なぞと思いながら、会頭の指示通り、
本社裏側のプレイベート駐車場へ向っていた。

今日から明日の日曜日を挟んで、どうなるか自分にも分らない。
まあ良い。会頭にまかせる。いずれにせよ、自分も杏子も会頭の奴隷なのだから。
そんな思いでいた。

黒塗りの大型外車が裏駐車場の車庫に入って来た。目立たない様に車が完全に
駐車場に入ってから後部座席に乗り込む。さすがに会頭が普段使っている特別
仕立ての高級外車だけあって、実に乗り心地がよい。車内が後ろに広い。ただ
広いだけではない。後部座席の前は普段は広く開いている。横からは、別の
座席が出せるようになっていて、5人一緒の複数プレイでさえ車内でやれて
いdるのだ。普段のままで妻は、後部座席に太股を開いて座る会頭の股間に
顔を埋めたままで男根を吸いながら、食事をしまた、自分も会頭の顔を挟んで
逸物舐め擦りを会頭にさせながら等の楽しみを味わいつつ4時間程のSexドライブ
をしながら別荘に行くのも確かに造作ない事がわかる。

 ほどなくして、普段「館」と呼んでいる会頭の私邸に車が入る。
これまでも幾度が来ているが、流石に広々とした邸内だ。
正面玄関前で私は、車を降りる。運転手はそのまま車庫に向けて行く。
彼は会頭か、本妻である奥様から及びがない限り別棟に細君と共にいる。

 妻と初めて来た時も驚いたのだが、ここは会頭の私邸であり当然
会頭の妻がいるのである。しかし今や私達は奥様と呼んで会頭の私邸
に呼ばれたときは彼女をも交えての私の行為も普通になってはいる。

 玄関を入ると、和服姿の奥様が、優しくにこやかに私を迎えてくれる。
「さあ、どうぞ、主人も奥さんもお待ちしてますよ。」
私は案内されるままにリビングリームへ入る。
やはり広い。前面が天井までのガラス張りなので屋外に居るかんすらする。
夏の日の昼盛り外はかなり厚いのだが、空調の効いたリビングは屋外に
居る様な錯覚を覚えるのに実に清清しい。

 「おおっ!亭主、来たか、待ってたぞ。」左奥の窓越しに石灯籠と
池への滝を背景に巨大な会頭の丸裸の上半身が見える。屈強な左腕の
中には私の妻が抱かれたままだ。二人は自慢の和風ソファーに背もたれを
倒したままでテーブルの方を向き抱き合い飲食をしながら肉欲を楽しんで
いるのだった。背もたれを倒したまま、と言う事は何時でも横になり二人は
重なり合える事でもあり、すでに私が来る前にそうやっていたのは当然
だろう。

 「さあ、脱いで!先ずは一杯やれッ!」会頭が言う。
奥様が私をテーブルに誘い、生ビールをジョッキに注ぐ。
私は「頂きます。」なぞと言いながらビールを飲んだ。冷たい、良く冷えてる。
自分の家に来た時の会頭もこんな気分なのか?なぞと思いもした。
妻がそんな私を見て、「あなた、有り難う、そしてご苦労様!」なぞと言う。
その時会頭もガブリっとジョッキのビールを口にした。「ハッ!」っと思う
私を前に会頭の左腕は妻の頭を引き寄せ妻の口に自分の口をあてがっていた。
「ウウウウウ~!」妻が鼻から息を吐く呻きが聞こえた。会頭は口移しで
妻にビールを飲ませているのだった。妻の口の中に舌を這わせ、ゆっくりと
毀れないように飲ませている。いつも我が家でもそうだが、時間をかけ
ゆっくりとデイーップキッスをしながらの口移しなのだ。

 「さあ、お前も早く着がえろ。」会頭が言う。すると本妻さんが、さあ、
どうぞ、これに着がえて下さい。っと我が家でも私が着る作務衣を手渡す。
私は本妻さんがいるてまえ、躊躇していた。すると本妻さんが言う。
「貴方方は私達夫婦の奴隷ですからね、私もご主人の身体を楽しませて
頂くは!さあ、はやく着が代えてください。」なぞと言う。
私は3人の目の前で上着を脱ぎズボンをぬぎ下着を脱ぐ。
難と本妻さんは私が脱いだものを全部、上着はハンガーに下着は
予め用意してあった、かごへと持っていく。そして丸裸になった私の方を
向くなり駆け寄るようにして私の前に座り、何と私の股間に顔を付けて
来るではないか。「アアッ若い男のここって良いワア!」なぞといいながら
私の決して立ってなぞいない逸物に頬ずるをするのだ。
私の妻は会頭の抱かれながらも「ワー!」なぞと呻く様にして見ているのだ。
「ウハッハハ、そうじゃな若い物を頂くといいぞ、あとでな。
ほれじゃ下の畳を引っ張ってくれ!」なぞと言う。
本妻さんは「良いわねえ、じゃまた後でね!なぞと云いながら壁のスイッチの
様な物を操作した。

 すると同だろう。今会頭と妻が座っているソファーの下から、ほぼ同じ幅の
畳式のソファーが出てくるのだ。なんとこれで畳にすれば先の方に3畳、後の
方に3畳の広さのベッドができたのだ。だが、丁度真ん中辺に段差があった。
実はこの段差こそ、会頭の趣味の大きな特徴だったとも言える。
この下の方に私の顔を敷き、私の顔に自分の逸物や肛門を擦りつけながら、
妻を物にする。私の自宅では上下とも布団だったが、ここではそれが
誂えで造られてあったのだ。そしてこれは後に私の自宅のベッドも
そうなってしまったのではあるが。

 会頭は私を下の布団に仰向けに寝るように言う。
何時ものこととはいえ悔しい、屈辱の極みでもある。
まして今日は本妻さんが見てる前でもある。

 だが、その本妻さん自身が執拗に催促することでもあり
私は、作務衣のまま仰向けに寝る。
会頭は待ちかねていたように、妻の顔をガブリッと咥えていた。
「ウウウ~イイイイ~!」妻の呻きが聞こえると、すでに会頭は妻を抱きあげ、
私の方へその巨大な裸体を近づけてきた。
私の顔の上で妻を前にだきながら、仁王立ちになる会頭。
そのデップリ太った男の巨大太股は全てを潰してしまう感さえした。
案の定、その太股が左右に大きく開いたかと思うと、何とその巨大なで汚らわしい
馬の臀部を思わせる尻が私の眼前に降りてくるではないか。
「ウワ~!」っと思った瞬間には私の顔は会頭の股間の谷間に押し困れグイグイと
擦りつけられていたのだ。私の口が丁度会頭の肛門にあたると、「ホレッ、舐めろ。
吸え!ベロを入れてワシの汚い尻の穴をお前の口で綺麗に掃除するのじゃ。」
なぞと云いながらグイグイと私の唇を肛門で締め付けてきた。しかも私の妻を
前に抱きかかえ自分の男根をビンビンと妻の臀部に擦りながらである。

 「臭い、汚い。苦しい!」私は悔しさと同時に絶望感を抱かされていた。
「ホレっ!ちゃんと掃除せい!」さらに会頭は私の口を肛門でギィッ、ギュイッと
締め付けてくる。私は汚さを耐えながら舌を会頭の肛門に延ばした。
肛門に密生する毛が舌を切るように感じる。鼻には実におぞましい、糞便の臭いが
責めてくる。さらに舌の先は苦いような辛いような感触が感じられる。
しかし躊躇すると、「ちゃんと舐めんか?」っと罵声とともに押しつぶされそうな
会頭の体重かけが顔面を襲う。私は言わば必死で汚い会頭の肛門を舐め吸いしていた。



size=4>厳選アダルトAV&チャット 

  

「フーム良い気持ちジャワい、ようし、ホレッ立てるぞ。杏子。」
上目使いで会頭の巨大なフグリの方を見ると、すでにギンギンにイキリ
立つ肉棒が青筋を立てていた。

 フッと会頭の巨大な臀部が私の顔を離れまた跨ったと思うと、今度は
私の胸を両又でグイッと締め上げながら妻の身体に覆い被さるように
腹ばいになるのだった。

 いきおい私の顔には会頭の今やギロギロに固く長くなった男根が
ベタッ、ベタッっと叩きつけるようにヌルヌルした男の前液を垂らしながら
ぶつかってくるのだった。そして、其の逸物を立てる様にして妻のクリトリス
へのの刺激を始めるのだた。

 私の顔は妻と会頭の実に交接部へ一層強く押し当てられたまま
会頭の太ももの力任せに委ねられ激しく押し付けられたままで。
時折、汚く実にけがらわしい会頭の密生した下腹部の陰毛が私の
顎の方に行きましたが、その時は固くゴツゴツした太い肉棒が
股間越しに入る光に青筋を光らせ、ヌルヌルと、これまた汚らわしい
交接液を垂らすのです。私の額から鼻・口・顎を押し付けながらです。
「グチャグチョグチョグチュ」卑猥な男女の交接音に私の耳は奪われました。
その間もヌルヌルと口や鼻には容赦なく妻と会頭の男女の液が垂れ滴るままです。


 そんな私の苦しみをよそに妻は
「イイイイ~、ウウウウウ~、イク~。ご主人サマ~。
ウフャウファウウウ~。」
なぞと、凄まじいばかりの淫声を響かせていました。
そして時折、それは「ウウウウウ、ムウムム~。」なぞと篭り音となり、
していることで、会頭が妻の口や鼻を唾液を吐きながら覆い
べチャべチャと舐め擦りしてる様子が分りました。

 激しい会頭の腰の上下の動きがはたと止んだかと思うと、突然
フグリ玉を私の顔に押し付けながら、ガバっと下腹部で私の顔に
圧し掛かってくるのです。物凄い下腹部での圧っし様でしたが
妻の柔らかい逸物の襞は私の鼻先に擦られ固い会頭の肉棒は
さらに激しく私の顔面を擦り続けていました。

 息苦しさと不潔感で言わば本能的に私は逃れようともがいていました。
しかし会頭の太ももは私の体をさらにグイグイと妻の逸物へ私の顔をあて
さらに妻の太ももを巨大な身体で圧しているので、もう全く私の顔は
横を向くことさえできませんでした。

 それを知り目に、会頭は、私の体を挟み込む太ももにさらに力を込めグイグイ
締め付けながら、「ウウウウウ、杏子、綺麗じゃぞ、さすがに別嬪じゃ、
フーム言い気分じゃわい。どうれ今日もたっぷりとワシの子種を出してやろうのう。」
なぞと云いながら、腰の動きを一層速めていくです。

 グチョグチュグチョグチョと実に卑猥な男女の交接音が私の耳を刺激し、それに応じて
ヌルヌルと交接汁がヌルヌルと一層激しく私の口元に滴って来るのです。もちろん
そのままでは私の顔全体が不快な液で汚されます。私はもう必死で啜り舌を伸ばして
舐め摺りました。一瞬ググウググググ~っと私の顎骨が会頭の太ももの固い筋肉で
締め付けられました。

 「イイイイイイ~クククク~。」妻の淫声が響きました。
っとその瞬間「ウウウウウウウッフーム。」なぞと会頭の呻きが
妻の上体の方から響いてきました。もちろんお定まりのグイッグイッグイッっと緩んだ
巨大な太ももの肉を揺らせて腰を蠢かせながら!っと私の顔はベタベタとべた付く
男女の交接する秘肉に顔面がグワーっと圧っし込まれました。会頭がそれまで
膝と腕で己の身体を持ち上げていたのが、射精の気分が良い事に合わせて
力を抜いたのです。

「ンンンググウググ、ククククク苦しい~!」私は其れまでもベタベタとヌメル
男女の秘肉に顔を覆われ、妻と会頭の出す強烈な汚らわしい男女の生臭い臭いで
咽返るのに耐えていたものです。そこに、さらに耐えられないほどの重さで
それこそガバーっと言う感じで私の顔は押しつぶされるのです。
苦しい、グチャグチャと男女の淫汁に塗れて密生する妻と会頭の陰毛と会頭の
睾丸の間の隙間から、辛うじて呼吸ができるものの、巨大な会頭の臀部と腰や
太股のの重さが直接私の顔に圧し掛かってくるのですから当然と言えば当然です。

 なんと言う屈辱、そんな私を知り目に会頭は
「フーム杏子、良い気分じゃ。タップリと出したからな。」なぞと云いながら
またペチャペチャズズーなどと妻の顔へのディーップキッスをしているのです。
妻は妻で「イイイウウウウlッゥ~嬉しい、会頭様、私、早く会頭様のお子を
産みたいです。」なぞと応え、会頭は会頭で、
「フウムさすが、杏子は綺麗な美人女ゴじゃ、ワシの子を産むに相応しい、
ところで亭主は、どうじゃもっとフンジバッテよいか?」
なぞと言う。すると妻は「夫は奴隷です。どうぞ、会頭様の屈辱を沢山与えて
下さい。」なぞと応えるのだ。

そして会頭はさらに一際つよく股間で私の顔を締め付けたと思うと、妻の身体を
持ち上げゆっくりと起き上がる。私が「アアアアっ!」と思っていると案の定
私の旨に汚らわしい巨大な臀部を載せさらに私を動けなくしたままで
妻を抱き上げる。私の顔は実に妻の其処とと会頭の其処の接合部の真下にあり
丁度口を其処に付けながら妻の体を上からの仕掛けてくるのだ。

 そして「亭主、女房の言ってるのが聞こえたな。ほれ抜く、ちゃんの舐め取る
じゃあ!なぞと云いながらスーッと妻の其処から己の矛先を引き抜く。
実に堰を切ったようにブワーッと生臭くも汚らしい一旦妻の膣内に出された
会頭のスペルマが私の口に流れ滴るのだ。


---------------------------(続く)---------------------------------------------

 




アダルトサイト徹底比較
老舗DTI大量
無修正AV動画サイト・ライブチャット生画像、出会い・徹底比較 




「夫眼前犯され人妻」場面(4)

ご亭主は、手足を縛られ自分の妻が犯されて行くのを隣の
ベッドで否応無く見せ付けられる格好でした。
奥さんの下の穴に填めた男、「ウウウウ~!」っと唸り、激しい一突き!
グイッと腰を入れる。其処に咥える肉松茸の怒張の蠢きの為か?
奥さん!絶頂寸前!っとその時、ご亭主を押さえ込んで、いたぶっていた、
その巨漢男!巨大な腹を抱えてベッドに上がると奥さんの上半身に跨って来ました。

そのまま1尺を越える巨大逸物をビタビタと奥さんの顔に叩き着け!
この時の奥さん、下の高まりに乗って更に気が高まったそうで、
さらにこの巨漢男、巨大マラを奥さんの顔面に滑らせながら、
なんと、己の尻の谷間で奥さんの顔を覆いそのまま
己の肛門で奥さんの口や鼻を塞ぐのでした。
「ウウウウ~ウア~!」なぞと男の巨大な尻肉に圧っされ篭った
苦しそうな奥さんの呻きが聞こえました。
何と言う屈辱、それに不潔この上無い、肛門での口圧っし!
しかし男の巨大グロテスクな尻が上下左右に、ゆっくりと揺れ動くと、
その蠢きに合わせるかの様にペチャペチャ・シュパッ、シュパッと
肛門を舐め吸いする音が部屋に響いていました。
脇のベッドで縛られたままその様子を見せつけられていいた御亭主!
さすが、自分の妻の屈辱極まる態様に耐えかねてか、
「ウウウウ~ウワ~止めて下さい。」
なぞと絶叫しながら視線を外して下を向きました。
すかさず別の男が、
「何を?止めてだとう~。行き着く所まで行くのじゃ!
ホレッ自分の女房が犯られて行く所をな、ちゃんとみるんじゃあ~!」
なぞと云いながら、御亭主の頭を掴んで眼前のう
光景をさらに否応なく見せつけられるのでした。

「ウウウウウウウウ~!ホレッ」奥さんの
下の口にハメていた男の口から

低い呻きがもれるとさらに一際男の腰が
ゆさゆさと揺れグイッ、グイッ、グイッっと

最後の突きがなされました。
するとご亭主の頭を押さえ込んでいた男が
すかさず亭主の身体をグイッとばかりに
妻の横たわるベッドに押し倒すのです。
夫の頭は今妻の身体と繋がったままの男
に鷲づかみにされ、何とその口が交接する其の
箇所に当てがわれて上からグイグイ押さえらて
いましたが、「ホテッ、綺麗に舐め取れ。」
なぞと吼えるような男の声と共に
妻の其処から引き抜かれた男汁のドロドロ垂れる其れを
御亭主に舐め吸いさせるのでした。

御亭主も御亭主です。身体が拘束され
別の男に下から押さえ付けられ
上からは今妻を犯した男に頭を掴まれているとはいえ、
実に自分の妻を犯した、その男の其れもまた妻の其処から
垂れ滴る男汁もシュパシュパと舐め取るのでした。

っと光景はまだおわりません。
奥さんの顔にまたがり肛門を舐めすりさせていた巨漢男は
1尺を越える巨大な逸物をまたもや奥さんの顔にビタビタと音をたてて
叩きつけていましたが、何と矛先を奥さんの口に当てたと思うや
ドビュードビュードビュードビューっと物凄い勢いで男汁を
奥さんの口中に放つのでした。
初め奥さんは、顔が汚れるのを気遣ってか何とか口中で受けようと
したようですが、何しろ物凄い量のスペルマで、実に通常の
男の放尿如くなのです。すぐには終わりません。
さらに矛先は男の気まぐれか、奥さんの口に留まる事なぞしません。
奥さんの口は勿論、鼻も頬も額も耳や髪の毛までもが
執拗にほとばしる巨漢男のスペルマのドロドロした生臭い白濁液に
汚されて行くのでした。


無修正(生)画像

Blog内ダイレクトアクセス



生画像倉庫 -1 

生画像倉庫 -2

生画像倉庫 -3

生画像倉庫 -4

生画像倉庫 -5

生画像倉庫 -6

生画像倉庫 -7

生画像倉庫 -8

生画像倉庫 -9

 生画像倉庫-10

生画像倉庫 -11

生画像倉庫 -12

生画像倉庫 -13

生画像倉庫 -14

生画像倉庫-15

生画像倉庫-16


生画像倉庫 -17

生画像倉庫 -18

生画像倉庫-19

生画像倉庫-20

生画像倉庫-21

生画像倉庫-22

生画像倉庫-23

生画像倉庫-4

生画像倉庫-25

生画像倉庫-26

生画像倉庫27-28

生画像倉庫29-30

生画像倉庫31-32

生画像倉庫33-34

生画像倉庫35-36

生画像倉庫37-38

生画像倉庫39-40

生画像倉庫41-44


官能AV動画専科集・DTIブログ

美獣たちの淫猥な   寝取られ人妻(1    尺八から精魂込め

僕と妹の禁断ロマンス_Two
(02/28)


Fc-2官能アルバム!
14.jpg

15.jpg
関連記事

テーマ : 人妻・熟女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント



貴男の指示で蠢く女体
Dxライブ
チャットとライブ動画
LinkedImage.jpg 







・女性在宅勤務
高収入
チャットレディー
募集中





シニア男の無修正(裏)Blog

シニアの(裏)Blog-2
混浴露天風呂Sex三昧
アーカイブ:全ファイル




厳選アダルトAV&チャット